給食費を払わない理由は高いから?親の言い分を考えてみる

給食費未納が問題となっています。

平成24年に公表された数値では、未納額は22億円です。

未納している親は、経済的に苦しいというのが本音なのでしょうか?

今回は、給食費を払わない理由。親の言い分について考えてみます。

 
  

Sponsored Link



 

給食費の月の平均額は?

地域によって、市区町村によっては小学校の給食費が高い!と言っている所もある様ですが、しかし月の平均給食費は4500円程度~の様です。

中学生ともなると身体も大人とほぼ同じになってくるので給食の量も格段に増える事から、中学の毎月の給食費は小学校より約1000円程度高いのが普通の様です。

 

果たして、この金額が家計を圧迫する要因の一つになっているのでしょうか?

給食費を支払わない親の言い分としては

・義務教育は無償であるべき

・その他の支払が優先され、給食費は後回し。

・払わなくても食べさせてくれるだろう。

 

このような言い分があるようです。

 

給食のコストパフォーマンス

小学校の給食費4500円を1ヶ月の登校日数~約20日で割ると、1日分の給食費は225円になるのですが、これってそんなに高い!と感じますかね?

むしろ、1食分が225円で済んでいる点に関心すら覚えますが、これを高い!と言って給食費を払わない人がいるのかと思うと、普段のお昼ご飯をどんだけ安く済ませているの?と逆に質問したくなりますね。

仕事をしている方で、外食やコンビニ弁当を余儀なくされている方に聞けば、破格の金額だと思います。私も以前、教員をやっている友人が給食を食べているということにジェラシーさえ感じたほどです。金銭面でいえばかなりお得なランチ。。それが給食なのです。

 

給食に対する勘違い

給食は、学校が提供しているように見えます。

しかし、学校給食は、「学校給食法」によって教育の一環として位置づけられ、食材費のみ親が負担するものとされています。

学校給食の施設・設備や職員の人件費は学校の設置者(自治体や学校法人など)の負担、それ以外の費用は保護者の負担とすることになっています。
  

Sponsored Link



 
 

公立の学校の苦悩

小中学校の給食の1食分のお値段を格安に設定してもなお、子供達が美味しいと言って毎日給食を食べてくれる様に尽力している給食センターの方々の努力だったり、仕入れ先との交渉だったりを考えると、かなり本当はもう少し予算を取りたいと言う願望は高い様です。

実は公立の小中学校は、公立と言う設定が故に給食費を安く抑えなければならなかったりまたは、材料の仕入れも指定された業者からしか行えないなどの制約があります。

本当はこの材料を使いたい~と思うメニューを考案しても、思い通りの材料が仕入れられないと言う苦悩もあるそうなのです。

また給食を作る給食センターも、かつて子供が多い時代は給食センターで作る給食は2校が限界の時代もありました。

しかし、今や少子化で給食センターでは4校以上の小学校の給食を作っている所もあるそうなので、近い地域の小中学校では同じメニューの給食が出されている事も多いのです。

この様に、行政の方針や通学してくる子供の親の負担軽減などの為にどうしても給食費はこれ位の金額以内に抑えよう~、小学校はなるべく4千円台に~中学校は5千円台に抑えなければ!と言う中で、毎日美味しい給食を格安で提供しようとしてくれています。

給食費が高い!と感じている方は1度給食センターなどを見学して、どの様に学校給食が提供されているのかを一から学んだ方がイイかも知れませんね。

 

私立の学校ではどうか?

因みに、公立の小学校の給食費約4500円が高い!と言っている方は、私立の小学校の給食費を聞いたらかなり驚くかも知れません

とある私立の小学校の1ヶ月の給食費は7000円だそうです。

7000円を20日で割ると350円なので、かなりちょっと豪華なメニューの給食を食べる事が可能です。

給食の内容は全員同じ給食メニューでは無くて、3種類位からのメニューから好みのメニューを選んでカフェテリアの様な所で食べる方式にしているそうです。

この方式にしているお蔭で食べ残しも少なくて済むそうなんですが、ただ1ヶ月7000円と言うお値段を高いと思うか安いと思うかは、通わせている親の意識の高さによって違うのだろうと考えられると思います。

 

まとめ

給食費が高い、安い、払いたくない!と、いろんなご意見があると思いますが、コストパフォーマンスからすれば、給食は相当お安い昼食であることは間違いありません。

おそらく家庭の固定費として計上されにくい費用(計上したくない)であることから、いざ集金がやってくると払いたくないという感情が生まれてくるのだろうと思います。また、もともと無料であるべきと思われる方は高いと感じられることでしょう。

将来的には、一般向けに給食が食べれる施設などができれば私も一度お伺いしたいと今思っているほどです。

  

Sponsored Link