被災地へ送る年賀状の文例は?

2017-03-29 01.33.15 年末行事

2018年の被災地といって真っ先に思い出すのは北海道、大阪府、広島県、山口県ではないでしょうか?

2018年は大雨の被害、台風、地震による被害が全国各地で相次ぎました。一時の困難こそ去ったものの、今だ避難所生活をする方も多く、復興へと歩みを進めたばかりです。

 

このような状況で2019年を迎えるわけですが、新年に届ける年賀状はいつもと同じもので良いのか?

また今年はあえて出さない方が良いのか?

なかなか判断し辛いところだと思います。

今回は、被災地へ送る年賀状についてその文例などをご紹介したいと思います。

 

もともと年賀状には、新年のはじまりをお祝いするという意味があります。
そのため、被災地(特に被害の大きかった地域)に住まれている方に、「新年明けましておめでとうございます」という表現は、いささか気が引けるものです。

しかしながら、知人、友人から届く年賀状というものは被災地の方にとって何よりも勇気がもらえるもの
です。年に1度のやりとりで家族が笑顔になることもあるのです。

 

【厳選文例200種以上】挨拶状ドットコム>最短当日出荷

Sponsored Link



 

 

そのため震災で喪中という家庭を除けば、年賀状は出しても良いと判断します。
被災地の方を励ます新年のご挨拶という位置づけです。それを年始状といいます。
ただしここでは、「おめでとう」という言葉は控えるのがマナーです。

また、「祝」「賀」といったことばも避けるようにします。

そのため

・「新年のご挨拶を申し上げます」
・「謹んで初春のお慶びを申し上げます」
・「謹んで年頭のご挨拶を申し上げます」

といったご挨拶となります。

それでは、震災の方へ送る年賀状の文例をご紹介していきます

 

 

Sponsored Link



 

 

文例 その1

謹んで年頭のご挨拶を申し上げます
いつもとは違うお正月をお迎えのことと存じます
どうか一日も早く、落ち着いた生活を取り戻されますよう
心よりお祈りいたします

 

文例 その2

いかがお過ごしですか
昨年の未曾有の大災害に対し
心からお見舞いを申し上げますとともに
謹んで新年のご挨拶を申し上げます

 

被災地へ年賀状を書く際は、相手の気持ちになって未来に希望を見出すような前向きな言葉を添えるようにしましょう。また、いつもと違う新年を迎える方も多いです。そのため印刷された文章だけでなく、心のこもった文章を添えて、新しい年の健康と幸福を祈願しましょう。

最後に、被災された方のご家族の安否がはっきりしない場合、年賀状という形をとらず「寒中見舞い」としても良いでしょう。そのような場合は、正月におくるのではなく、一般的には1月7日を過ぎてから送ります。

寒中見舞いとした場合は、おめでとうという言葉も必要とせず、相手の安否を気遣うお便りとなります。

年賀状、寒中見舞いどちらの形をとっても、被災地の方が励まされる便りにすることが大事です。

また、今回年賀状を書くお時間がなかなかとれない方は、このようなサービスをご利用されると便利かと思います。
【厳選文例200種以上】挨拶状ドットコム>最短当日出荷

Sponsored Link