日本とカンボジアの時差で気を付けておきたいことは?

日本とカンボジアの時差

海外旅行に行く際、気を付けたいのが時差です。時差ボケの影響を受け、渡航先で体調を崩してしまったり、旅行後に昼夜が逆転してしまうなど、時差ボケの影響を受ける方もいます。大抵の方は数日で収まるようですが、時差ボケはないほうが良いものです。そこで今回は、日本からも多くの観光客が足を運んでいる、カンボジアの時差について調べてみました。

時差は2時間

まず最初に、結論からいってしまうと、日本とカンボジアの時差は2時間です。日本より2時間カンボジアのほうが遅いです。そのため、冒頭で上げたような時差ボケは生じないでしょう。日本からカンボジアに到着した時、2時間時計の針を戻し、カンボジアから日本に到着した時には、2時間時計の針を進めればよいのです。

カンボジアへ旅行するには、飛行機が主な交通手段ですが、利用する航空会社によって、出発時間も到着時間もまちまちです。傾向として、中国東方航空やベトナム航空、アシアナ航空、大韓航空利用時には、カンボジア出発が夜になることが多いので、機内で寝て起きたら、朝方になっている、あるいは早朝には日本に到着しており、それほど時差のことを気にせず過ごせるでしょう。

一方でタイ航空やエアアジアなどは、朝出発や、夕方到着の便があるため、到着時間によっては時差の影響で2時間遅く1日が終わったり、2時間早く1日が終わったりして、不思議な感覚になるかもしれません。ちなみにカンボジアへの移動時間は直行便なら約6時間、乗継便なら、8~10時間程度となり、旅の疲れがどっと出るようなことはないでしょう。

ちなみに時間ということに関して、もう少し付け加えるなら、恐らくカンボジアは日本よりも日没が遅く感じることでしょう。緯度や経度が関係しており、基本的に、西に行くほど日没が遅くなるためです。

 

時間に関して気を付けたいこと

また現地の人の生活リズムですが、朝5時くらいから1日が始まり、夜は10時ころに1日が終わるというリズムです。ひと昔の日本のようです。そのため、夜遅くまで外出していると、プノンペンやシェムリアップなどの観光地であっても、人通りが少なく犯罪に巻き込まれる可能性が高くなったり、トゥクトゥク(バイクタクシー)がつかまりにくく、お店を出てからすぐにホテルに帰れないことがあるかもしれませんので、注意してください。

 

おわりに

今回は、カンボジアの時差についてまとめてみました。カンボジアだけではなく、日本近隣の国であれば、それほど時差を気にせず旅行を楽しむことができますので、体調管理には十分気を付け、海外旅行を楽しんでください。