青春18きっぷで東京から大阪間への所要時間や料金は?乗換駅での注意点

鉄道が好きな方はもちろん、そうではない方でもJRが販売しているお得な切符をご存じの方は多いのではないでしょうか。その中の代表格といえるのが、青春18きっぷです。

青春18きっぷは、日本全国のJRが運行している普通・快速列車が一日乗り放題になるという切符です。この切符を利用すれば、交通費を安く抑えて遠方まで移動することができます。

そこで今回は、東京から大阪までの区間で、この切符をどのように活用できるのか、どんな点に注意できるのかなどをまとめてみました。

東京から大阪までの所要時間や料金

まずはじめに、東京から大阪までの所要時間や料金を調べてみましょう。サラリーマンの方や急いで移動したい方は、新幹線、もしくは飛行機での移動が基本となるでしょう。

仮に新幹線利用時の所要時間は約3時間で料金は1万4千円程度です。一方で青春18きっぷを利用した際の所要時間は約9時間、料金は2,370円となります。ちなみに、同区間の通常運賃は8,750円となるので、6千円ほどお得になります。時間に余裕があり、安く移動したい方にとってはとても魅力のあることが分かります。

 


東京から大阪へ移動する場合の注意点

では次に、主な乗換駅での注意点などをあげていきます。

始発駅を東京とした場合、次の乗換駅の候補となるのは、熱海、沼津そして静岡などでしょう。東京駅を出発する時間により、各列車の行き先が異なるため、乗換駅も変わってきますが、まずはこの3駅を目指すことになります。

特に朝方に出発する方は、通勤、通学時間帯と重なるため、席に座るのが困難になることが予想されますので、覚悟しておきましょう。

 


熱海、沼津そして静岡の
次に目指したい駅

次に目指したい駅は、浜松、豊橋あたりでしょう。ちなみに豊橋までの所要時間は東京から約5時間となります。そろそろ小腹がすいてくる時間帯でもあります。しかし、乗継時間の関係で、飲み物やご飯を買うことができる場所も限られてきます。

そこで、浜松や豊橋はお勧めの駅です。両駅周辺には、多くの飲食店やお土産屋さんなどがあり、自分の食べたいものを見つけることができるでしょう。また乗継列車も充実しているため、一時間程度滞在していても、次の乗換駅へ向かう列車を簡単に見つけることができるのでお勧めです。

 

浜松、豊橋を出た後に向かいたい駅

浜松、豊橋を出た後に向かいたい駅は、大垣、米原駅です。ここまでくると、今回の旅も終わりが近づいてきます。それと同時にお尻の痛みがピークに達するころかもしれません。このあたりでの注意点は特にありません。東京を出た時間や途中駅での時間のつぶし方によっては、そろそろ帰宅ラッシュが始まる時間帯かもしれません。車内の混雑や椅子の空き具合には注意を払ってください。

最後はいよいよ終点の大阪駅です。東京を出てからの道中を思い返したり、大阪でのプランを考えながら過ごすのもよいでしょう。

 

心構えと注意点まとめ

全体の注意点としては、列車が遅れた場合に、次の列車に乗れない可能性があり、当初の計画通りに進まない事態が生じるかもしれません。その時に焦らずに対応できるか、臨機応変に行動できるかは大きなポイントとなります。

また、食事やトイレのタイミングも大切です。幸いなことに、大抵の列車にはトイレがついていることが多いので、そこまで心配はいらないかもしれません。

いずれにせよ、しっかりと計画を立て、万全の体調で臨むことが、青春18きっぷを使ってお得に移動する心得となりそうです。今回は東京から大阪までの移動を考えましたが、大阪から東京へ行くときも同じ注意点に気を付けることができます。