いちご「ゆうべに」巷での値段はどれくらい?

2017-02-28 18.18.56 いちご狩り

2017-02-28 18.18.56

最近、熊本のスーパーの店頭に「ゆうべに」といういちごが並ぶようになりました。この「ゆうべに」といういちごは、熊本県の新品種です。熊本県は意外にも全国でいちごの生産量が第3位といちご大国。しかしながら、県民のいちごに対する意識は若干低いような感じをうけます。どちらかといえば、同じ果物である、みかんの方の意識が高いような気がします。しかし、今回はこの新開発されたゆうべに苺をテーマに消費者目線のご紹介をさせていただきます。

Sponsored Link



さて、このゆうべになんですが、2015年に誕生して以来すでに熊本のスーパーでも手に入るようになりました。なんでも開発に10年もかかっているそうで、それはそれは熱の入りようなのです。

2017-02-28 18.19.38

この「ゆうべに」の価格(値段)なのですが、1パック480円で購入できます。(ちなみに税抜き価格、300グラムです。)
これは、私が2月末にスーパーにいった際、特に何の割引きもなく購入した値段です。ゆうべにより価格帯の安いいちごも店頭に並んではいましたが、一般的に「ゆうべに」の値段は高すぎず、安すぎずといったところでしょうか。

Sponsored Link



また、インターネット通販での価格は300グラムの2パックでだいたい1500円くらいです。これは、1パックあたり750円になり見た目高そうですが、送料込みの値段になっています。(クール便ですからね。)

2017-02-28 18.19.25

味や特徴なんですが、ゆうべに単体で、何もかけずに食べた感想は、いい意味で甘味より酸味が強い感じがしました。すっぱくてダメいう意味ではなくm甘すぎない良さがあるという意味です。

これにより、ゆうべにという品種が、甘いものと組み合わさることでその良さが引き立つと思うのです。例えば、ケーキや、いちご大福など。いちごのまわりの素材が甘い場合などです。

 

このゆうべにといういちごは、「ひのしずく」と「かおり野」といういちごを掛け合わせて作られています。

ひのしずくからは、甘さと粒の大きさ。かおり野からはいい香りを受け継いだ品種です。

県内のスーパーでは普通に売ってありますので、もし県外からお越しの際はおみやげにどうぞ。おいしいですよ。

Sponsored Link