野良猫に引っかかれて病院へいった話

2017-03-16 15.56.42

PAK93_atamawokakimushiru20140322-thumb-autox1600-17029

昨日のお話。

家の前をよくネコが通ります。
首輪そしている猫もいれば、目つきのするどい野良猫もいます。

その猫の仲良くなりたくて餌をあげてたんですね。
ディスカウントストアで、期限がきれそうになる前に安売りされる缶詰とか。
そういった食べ物を仕入れて。

で、えさをあげはじめて3日目。

今日は、小さい袋しかなかったんで、2回にわけてあげることにしました。

そして、2袋目のかつおを紙の食器にうつしあげようとしたときです。

 




 

野良猫ちゃんが、私の指をガリっとひっかき、食べ物を奪いました。

指先2か所に切り傷を負い、軽い出血。

cropped-HIRA74d5_akubineko_TP_V.jpg

あ、やばい。確か野良猫ってかまれたり、ひっかかれたりしたらやばいんじゃなかったっけ?

それを思い出して、急いで水道に駆け込む。

なかなか血がとまらず、流水で傷口を洗いました。

 

どうしよう。昔親から聞いたけど、破傷風とか菌が体に入るとまずいって話だよな。

と思い、一生懸命指をおさえて洗浄しました。

 

よし、消毒だ。

と思いましたが、アルコール系のものがないんです。

うーん。

しょうがなく、殺菌効果のありそうな、目についたものを集める。

 

梅干し

うがい薬

台所用洗剤

ウェットティッシュ

 

こんなのがありました。

いやだ、、

のらねこから感染とか。しかも餌をあげようとしてやられるなんて最悪だ。

そう思い。

まず台所用食器洗剤で、手を綺麗にあらいました。

そして、キッチンペーパーで止血。

慌てたわたしは、梅干しの果肉を傷口にあて、クエン酸消毒。

これが有効かどうかはわかりませんが、しないよりましだろうという発想です。

 

さらにウェットティッシュを見つけましたが、ノンアルコールが多いこと。

そして、ささっとさらに消毒し、とどめにうがい薬。

イソジンではなく、青いタイプです。

いいのか?と思いながらもいろいろ試してみました。

 

オロナインでもあれば良かったのですが、本当何もなく、最後にウナコーワのようなもの

虫刺されのかゆみ止めをぬり治療終了。

cat9V9A9021_TP_V

次の日に病院へ行くことに。

 




 

言ったのは皮膚科がある小さい総合病院。

専門医はいないといわれましたが、この程度だれでも対応できそうです。

看護師さんたちは、心配してくれ、

せっかくえさをあげようとしたのにね。。。と言ってくれます。

2017-03-16 15.56.42

処置室では、消毒ののち、軟膏薬をぬってもらい、ばんそうこうを貼られました。

さらに、飲み薬を処方されます。

なんと、ロキソニンが登場。

あれ?頭痛薬じゃないの?と思いながらも、説明をみると

炎症の原因となる物質を抑えるという効果があるらしい。

さらに胃薬と、軟膏薬をもらいました。

 

うん。たかが猫にひっかかれたくらいでも

これだけやんないとだめなんだなと再認識。

 

これをふまえて、野良猫にかまれたり、ひっかかれたりしたら

1 傷口を洗い、消毒。細菌を殺す作用のある塗り薬を用意。

2 ロキソニンが家にあれば、それを飲む。

 

これが家庭でできそうな治療ですが、そんなに準備よくいかないと思います。

菌の潜伏期間があるというので、やはり病院に行き、ロキソニン3日分の服用など

慎重に治療しましょうね。

いちおう、ケガの保険を請求しました。