トラムセットを1年間服用して副作用はあったかどうかのお話

tsuyoshi-8_TP_V 健康

tsuyoshi-8_TP_V

2016年から、関節痛に悩まされていた。

初めに処方されたのは、筋弛緩薬。

しかし、痛みはとれない。

 

そして、その関節痛は、背中、肩に広がりついに腰痛、おしりと広がりをみせた。

はじめは、脚だけの違和感だった。。

しかし、体の裏側は全部痛いという状態。

 




 

そう。インフルエンザで関節が痛むような状況が続くのだ。

我慢できなくなり、医者から処方されたのは、トラムセットという慢性疼痛に効く薬だった。

 

初めて聞く名前で、不安はあった。

しかし、痛いのはいやである。

仕事にも集中できない。全てに集中できない。

 

2017年2月くらいから服用しはじめ、現在2018年4月

既に14カ月ほど、服用している。

 

初めは一日3錠だったが、途中針治療の効果がではじめ痛みが軽減した。

その時、いちにち2錠におとされた。

 

いちにち2錠の状態がしばらく続いて、新たにリリカという薬をもらった。

リリカは飲みだすと、すぐ眠気が襲い、体にあっていなかった。

しばらくすると慣れてはきたが、あまり効いている感じがしなかった。

 

そのため、2018年4月より再び、トラムセットの数を、一日3錠にすることにした。

 

これまで、確実に1日2錠以上は服用してきた。

この間、胃が痛くなったり、めまい、ふらつきといった症状はでていない。

目に見えた副作用は見当たらないということだ。

 

ただし、この薬を一生飲み続けなければならないのかと思うと、不安に襲われる。

こんな化学薬品めいたものを、毎日体にいれるのだ。

無傷では済まないような気がする。

 

今では、どこに行くにもこのトラムセットが欠かせない薬となった。

遠出をして忘れてきたら、家にわざわざとりに帰るほどである。

クルマの中にも2,3錠忘れたときのために置いておくことにした。

 

気づけは、トラムセット依存症になっているようである。

これを副作用とでもいうのだろうか。

 

今、1年とちょっと。

この先自分自身で人体実験をしているような錯覚すらうける。

しかし、痛みから逃れるには手放せない。

 

 




 

そしてついに、トラムセット4錠/日となった。

効果の持続時間が短いためである。

 

医者が言うには、2錠を4回というのが限度らしい。

私は最大の半分まで服用している。

ただし4錠になってからは、万全の状態。

4時間たてば、もう1錠という感じで痛みをコントロールできる。

ほんとに、依存している。

やはりこれが副作用なのだろう。

最終的にはどうなるのかな。心配なのは神経伝達細胞がおかしくならないか。。。

といったとこ。

本当に痛いところを脳に伝えないのはある意味こわい。